【北九州ではプロ意識の高い腕利き講師が多数!】子供にあった塾選び

北九州で子供にあった塾を選ぶためには

塾選び.com

集団塾と個別指導塾

学生

集団塾の特徴

塾には集団塾と個別指導塾がありますが、競争心などのやる気を向上させるのは集団塾が適しているといえます。また、時間なども決められているため学校の延長線上のような感覚で塾に通うことができます。

READ MORE
先生と生徒

個別指導塾の特徴

個別指導塾の大きなメリットは、なんといっても生徒のレベルに合わせたカリキュラムを作成してくれるというところでしょう。分からないことも聞きやすいため、堅実に勉強していくことができます。

READ MORE

子供視点の一般的な塾選びの内訳

家から近い

やはり、移動時間というのは子供の視点からでもネックです。親の送り迎えなどがあるかどうかなどでも変わってきますが、急な用事などで送れなくなってしまう場合などを考えると、公共機関のアクセスがいいところなどを選ぶ事も多いです。

講師の教え方がわかりやすい

勉強するにあたって、やはり指導者である講師の教え方は重要です。分かりやすいよう、生徒目線にたって考えることができる講師かどうかといったところも、子供からしてみると重要です。

友人・知人が通っている

一緒に通うことができたり、塾で教え合ったりすることができる友人や知人がいる環境というのは、安心感もあるし進んで勉強がしやすいといった意見も多くあります。また、友人や知人が居ることで競争心も生まれて、成績が伸びるといった可能性も出ます。

友人・知人からの評判がよい

口コミというのは重要な要素です。いくら友人が通っているからといって、その友人が「講師の話が分かりにくい」「ついていくのが難しい」と言う場合などは、一般的にその塾に入りたいと思うことは稀になるでしょう。

講師の性格が自分に合っている

教え方のスタンスなどでもそうですが、講師と生徒の関係性も人と人とのコミュニケーションです。どうしても合う、合わないといった問題はありますので、ストレスにならないように尊敬できる講師がいるかといったことは勉強をしていく上で重要な要素です。

学校の授業では足りないもの

今は純粋な勉強力より、思考力を重視する入試試験が増えてきています。こうした思考力は知識だけでつくものではなく、自身で考えるといった必要が出てきます。考える力をつけるところとして塾を選択するのもいいでしょう。

学力を上げるには

学力はすぐに伸びるものではなく、徐々に蓄積していって形成されるものです。いきなり効果がでるものではないため、日々の積み重ねが大事だということを念頭におくことで、勉強に打ち込むことができます。

失敗しない塾選び

増えている塾生

昔に比べて塾に入っている子供の割合というのは増えていて、その割合は小学生で約4割、中学生で約7割ほどと言われています。理由としては、やはり中学受験や高校受験に備えて塾に入るということが大半になっています。北九州などでも、塾に入っている子供は年々増えています。

塾を選ぶには

家から近いから、費用が安いからといって塾を選んでしまうと、子供に塾が合わずに成績が思うように伸びないといった場合が出てくる可能性もあります。塾はしっかり選ぶようにしましょう。

子供に合わせた塾を選ぶ

塾選びは子供の学習レベルに塾が合っているかどうかといった事が大切です。たとえ大手の進学塾にいれたとしても、子供が勉強についていけないようでは意味がありません。また、勉強にはついていけても、教師との相性が合わずにストレスが溜まってしまうといった可能性もあります。

授業を体験してどうか

多くの塾では、体験授業をしているところも多くあります。教室や講師の感覚を掴むためには、体験授業を受けてみるのが分かりやすく最適といえるでしょう。子供の勉強レベルや教師との相性を確認することで、勉強に打ち込みやすい環境かどうかを判断することができます。

塾選びでよくあるQ&A

費用がはっきり記載されていない場合がある

塾選びの際にインターネットやチラシを確認することもあるでしょうが、その際に費用が明記されているかを確認しておくようにしましょう。近いからや子供の友達が居るからといった理由だけで選ぶと、思わぬ出費になる場合があります。

季節ごとの特別講習や補習なども含まれているかが分からない

塾によっては、季節ごとの特別講習や補習などがあります。こうした料金は別料金である可能性もあるため、塾に入る前に年間でどのくらいの費用が確認かどうか確認するようにしましょう。

進学塾と補習塾の違いが分からない

進学塾は受験などを指していて、補習塾は学校の授業内容を理解することや、定期試験で点数を取れるように指導する塾の事を指します。目的に合わせて選ぶといいでしょう。

合格率は本当なのか

広告などで高い合格率を記載されていても、元々の数が少なかったり、また人数で記載されている場合は総数自体が多かったりするといった場合があります。塾全体ではなく、その教室のみの合格実績を確認することで教室単体の合格率が分かることができます。

いつごろから塾に通わせたらいいか

子供の勉強への姿勢や勉強レベルにもよるので一概には言えませんが、一般的には小学生の場合は3年生辺りから通わせる人が多い傾向にあります。中学生の場合は家庭学習などのクセをつけるために、早めに通わせるといいと言われています。